お使いのブラウザはサポートされていません。
すべての機能をご利用いただくには、推奨ブラウザをご使用ください。

メニュー
Primer

Hey浸透フィニッシュ

Hey浸透フィニッシュ

「Hey浸透フィニッシュ」は主に塀や壁の表層強化と保護を目的とした仕上げ材です。 大谷石、コンクリートブロック等の表層は、雨打たれ、凍害、二酸化炭素等、様々な要因により劣化、脆弱化していきます。 「Hey浸透フィニッシュ」は、表層強度を回復させ、劣化、脆弱化の進行を食い止めて、将来的に保護していく仕上げ材です。また、新設時の表層も保護します。 今までの水性分散液(エマルション)では、分散するポリマー粒子径が大きく、脆弱層への浸透は不可能でした。しかし、「Hey浸透フィニッシュ」は、独自のナノテクノロジーを応用して、ポリマー粒子径を30~50nmと分子に近いサイズまで小さくすることにより、脆弱層への浸透を可能にし、コンクリート、モルタル、大谷石、ブロック等の無機質系部材の表層を強化します。さらに、吸水性を抑制し、かつ空気の遮断性を高めて保護します。

特長

  • 塗装したままの仕上げで、耐摩耗性・耐汚染性が向上します。
  • 天然石の石相を際立たせます。※
  • 施工後は汚れなどが付きにくくなります。
  • 一液なので可使時間もなく、そのまま塗装が可能です。
  • 脆弱した無機質系部材表面に浸透し強化します。 また、吸水を抑制し、かつ空気遮断性を高めて部材を保護します。
  • 水性なので有機溶剤の発散がありません。(室内にも使用が可能です)
  • 大谷石の保護に最適です。変色の防止と”ミソ”の脱落防止に効果的です。
  • 壁面(塀や擁壁等)専用です。
  • ※仕上がり感は部材によって変わりますので、事前にサンプルなどでの試験施工を推奨いたします。 基本的には、平滑な下地ほど濡れ色感や艶感、塗りムラが目立つようになります。 ←大谷石やブロックのようにポーラス(多孔質)な下地は目立ちにくいです。

粒子による透明度の違い

通常のエマルション製品はポリマー粒子径が大きく、光を反射するので白く見えますが、Hey浸透フィニッシュのポリマー粒子は非常に小さいため光の反射が少なく、半透明となります。それにより、モルタル接着増強剤もしくは一般の水性浸透強化材では浸透強化できなかったものでも、浸透強化が可能になりました。

粒子による透明度の違い

 

 

施工方法

  • ①下地の劣化具合を確認します。かけらで取れるような箇所は、予め除去して下さい。Hey浸透フィニッシュ塗布前に、下地を完全乾燥させて下さい。

  • ②Hey浸透フィニッシュを塗布します。下地の状況に合わせて、刷毛・ローラー・噴霧器が使用可能です。大谷石の塀の改修の場合は、塗布量300g/㎡以上を目安にして下さい。

  • ③吸い込み状況により、1時間以内に複数回塗布します。吸い込みが多い場合は、追っかけで吸い込みが無くなるまで塗布して下さい。※塗布間隔を開けすぎてしまうと、浸透せずにフィルム状にはがれてしまう場合がございます。

  • ④24時間以上乾燥させて仕上がりとなります。上記時間内には、雨に打たれないように注意して下さい。なるべく晴天が続く日に施工して下さい。

施工動画

表層がポロポロ取れてしまうような、劣化した大谷石の塀や擁壁、リシン壁の補修に最適です。 また土壁、京壁、砂壁、繊維壁などの表層強化も可能です。 その他、部材が粉っぽい場合などでも「抑え」として使用可能です。

ドキュメント

  • 施工要領書
  • 組成・試験成績表
  • ホルムアルデヒド放散等級
  • SDS
  • 価格表

Hey浸透
フィニッシュ

無機質専用水性浸透強化仕上げ材

仕上げ材

4kg(ポリ容器)8,400円
14kg(ポリペール缶)23,000円